せっかくの休日ですから、楽しみませんか?

東京/千葉から900円で鬼怒川へ行く方法 ~株主優待乗車券を使おう~

皆さんは北関東の温泉地といえばどこを思い浮かべるだろうか?

私は群馬=草津温泉、栃木=鬼怒川温泉を連想する。

どちらも甲乙つけがたい名湯だが、都心からのアクセスを考えると個人的には鬼怒川を推したい。

なぜなら鬼怒川は

都心から格安で電車移動可能な方法

があるのだ!

それを以下に紹介する。

 

20160201_140953000_iOS

上の画像は東武鉄道の株主優待乗車証だ。

金券ショップなんかに行くと普通に売られている。

ちなみにコレは2枚で1,800円で購入できた。1枚当たり900円の計算である。

本来は一定数の株を保有している株主に配当として贈られるものだが、いろいろなルートで金券ショップに流れてくるのだ。

この東武鉄道の株主優待乗車証、よく見ると「電車全線」の表記がある。

読んで字のごとく、東武鉄道線内であればどこから乗ってどこで降りてもいいのである。

画像は伊勢崎駅(群馬県)から乗車したものだが、このまま東武線内を伊勢崎線・野田線と乗り継いで、船橋駅(千葉)で下車することも可能だ。

伊勢崎駅→船橋駅は普通に乗車すると1,360円かかるので、単純に460円オトクになるのだ。

話を鬼怒川に戻そう。

例えば浅草駅から鬼怒川温泉駅まで東武鉄道を利用していくとなると、通常1,550円のところを株主優待乗車証を使うことで650円も安く抑えられる。

往復で1,300円も安く目的地にいけるので、これを使わない手はない。

さらに別途特急券を購入すれば乗り心地のいい特急列車でもっとラクに旅行ができるだろう。

※浅草~鬼怒川温泉間の特急料金は1,340円(土日は+100円)。

乗車券を株主優待乗車証に置き換え、浮いたお金でちょっといい駅弁でも買いながら賢く温泉旅行をたしなむのも乙なもの。

ぜひ金券ショップによる機会があったら覗いてみて欲しい。


 

【今回利用した金券ショップ】

アクセスチケット・・・http://www.access-ticket.com/

通信販売も利用できるので近くにない方も便利!

この記事を書いた人

samacon
samacon
こんにちは、samaconです。
主に【旅行・鉄道・料理・デジモノレビュー】中心に記事かいてます。
【生年月日】昭和の終わり
【在住地】田舎(千葉)
【これまで】大学卒業後サラリーマンとして電気屋へ就職。そこそこ楽しかったが休みがなさ過ぎて精神的に脂肪していたところで退職してフリー化。
【趣味嗜好】
・鉄道⇒最終的には全線完乗が目標。
・ギター⇒結婚式の余興レベルならなんとか。
・草野球⇒人足りなかったら喜んで行きます。
・デジモノ収集⇒最近は断捨離でバンバン売ったり捨てたりしてるけど

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

スポンサードリンク