せっかくの休日ですから、楽しみませんか?

御朱印帳で神社巡りとスタンプラリー!?御朱印集めは面白い!

お世話様です。aokageです。

突然ですが、皆さんは「御朱印帳」をお持ちですか?

持ってなかったら、ぜひ1冊でも良いので手に入れてみてください。

ちょっと立ち寄った神社が、すごい雑な言い方をすれば、「スタンプラリー会場」に変わりますw

各神社でもらえる御朱印、そして手に入る御朱印帳はそれぞれ特徴があって面白いですよ!

御朱印とは

もともと「御朱印」とは、諸説ありますが、お寺へ写経を収めたり、なにか寄進をしたときにもらえる賞状のようなものだったと言われていて、それが時代を経る過程でシンプルな「参拝証」として形が残ったものとされています。

神仏習合の日本においてお寺と神社の区別はとても薄くて、現代でも御朱印は神社だけでなくお寺でももらえる所も多くあります。

これは私が地元で一番大きな神社、埼玉県さいたま市の氷川神社で頂いた御朱印です。

こんな感じで墨書きで神社名と日付、朱印で神社印が押されます。これがまた渋くて所有感もあってワクワクしますね!もちろんこの形は神社、お寺によって様々で、

これは同時期に北野天満宮で頂いた御朱印。北野天満宮だと御朱印の形にも種類があって、いただくときに形を選ぶことも出来ます。これは一番奉納料がお安いシンプルなもの。

また、同じ神社であってもその年、季節によって御朱印が変わることもありますので、同じ場所で何度もらっても楽しみがあります。

御朱印帳とは

御朱印帳とはその名の通り「御朱印」を頂く際に御朱印を入れてもらう手帳のことです。

「御朱印」はほとんどの場合単独でもらうことはできず、この御朱印帳に入れ書きしてもらう形でもらうのです。

これは私が普段御朱印をもらう時に使っているさいたま氷川神社の御朱印帳。一般的なコミックサイズの本より一回り小さいくらいのサイズ。厚みはコミックよりちょっと厚いくらいで、旅行に持っていくのにもかさばることはないでしょう。

もちろんこの御朱印帳にもバリエーションがあって、

これは京都三条の粟田神社(あわたじんじゃ)の御朱印帳。これはDMMゲームズで展開中の人気ゲーム「刀剣乱舞」コラボをやってたときの限定デザインですね。粟田口をモチーフにしたデザインです。

もちろんこうした紺色のデザインだけでなく、桜色のパステルなものや、荘厳な白色がメインのものもあって、この御朱印帳を選ぶのも楽しみのひとつと言って良いでしょう。

で、どうやって御朱印めぐりデビューするの?

皆様にもぜひ趣味の一つとして加えていただきたい「御朱印集め」。非常に簡単に説明すると、

お気に入りの御朱印帳を手に入れる

先ほど書いたとおり、御朱印は御朱印帳に入れ書きしてもらうという集め方ですので、まずは御朱印帳を手に入れることから始めます。

デザインは各神社仏閣によって様々ですので、地元ゆかりの神社で手に入れるもよし、旅行先の最初に訪れた神社で手に入れてもよし、デザインを事前に見てお気に入りのものをわざわざ足を向けて手に入れるもよし。ここは自由です。

だいたいどの御朱印帳も1000円~2000円ほどの初穂料を納めます。
初穂料(はつほりょう)。実質「販売料」のことですが、神社の場合は売り買いとは違いお金は「納める」ものですのでこういった表現なのです。

御朱印をもらう窓口で手に入れるか、お守りをもらうところで一緒に受付しているところもあります。

また、最近では御朱印帳を通販してくれる神社、お寺さんもありますね。高野山は通販充実しててオススメ。ちなみに高野山はお寺で、山にあるものですので初穂料ではなく「山料(やまりょう)」を納めます。

御朱印をもらう

御朱印はひとつひとつ手書きでもらうものがほとんどですので、神社によって受付時間を設けています。

だいたい朝9時くらいから、夕方16時くらいまでを目安として見ておくと良いでしょう。神社のホームページに受付時間載っていることが多いので御朱印もらう時は事前チェックしておくのがオススメです。一般入場受付時間の終了1時間前だと既に終わってる、なんてこともありますので。

御朱印を頂くのも初穂料を納めます。

おおよそ300円~1000円、場所によっては「お気持ちで結構です」なんてところもありますね。私の場合はお気持ちでと言われたときには500円を納めるようにしています。

その場で1~2分ほど待って書き入れてもらいます。これはまさに職人芸というか、神様の技と言った所でしょうか。御朱印を入れる方の技術は惚れ惚れします。結構いろんな所で御朱印お願いしてますが手書きイッパツなのに失敗しているのを見たことがない。(失礼?w)

みんなもやってみよう!

なんか写真だけ見ると結構お固いイメージを持つかもしれませんが、実際に御朱印帳持って御朱印もらうのは全然ハードル高くないし、ほんとオススメです。神社によっては行列作ってみんな御朱印待ち、なんてところもありますし。

1冊の御朱印帳でだいたい30~40くらい御朱印入れられますし、1冊持っておくと、気軽に立ち寄った神社参拝にワンポイント楽しみが加わって良いですよ!

最後にちょっと蛇足の豆知識をば。伏見稲荷さんを参拝していると途中にある伏見神宝神社では国内でも珍しい「狛犬」ではなく「狛龍」の神社さんです。犬ではなく龍が本殿の目付けをしているんですね。(写真紛失。スイマセン。。。)なので伏見神宝神社では御朱印に龍をあしらったものがもらえます。伏見稲荷立ち寄り時にはぜひもらってみてください!

 

 

この記事を書いた人

aokage
aokage
初めましての方は初めまして。そうでない方は、いつもお世話になっております。「aokage」と申します。

酒、煙草、読書、サバゲー、ゴルフを愛する最近体重が気になり始めたアラサーです。

勤労学生として学生時代からバリバリ働いておりましたが卒業後ストレスで体調を崩し、しまいには奥歯が全て溶けるという憂き目に遭いながらも、日々を必死に生きてます。メガネボーイオッサン。 

【自己紹介】

最終学歴:日東駒専夜間部
故郷:埼玉県美里郡
スポーツ:学生時代は野球(二塁)とテニス(ベースライン)。現在はゴルフとサバゲー
職歴:学生時代はチェーンのイタリアンレストランで副店長、家電量販店、カラオケ用モニター営業を経て、現在は広告代理店のしたっぱフリーランス

【趣味嗜好】

お酒:マッカラン、シーバスリーガル、イチローズモルト
煙草:CAMELナッツメンソールが廃番になってしまってからはキツ目のメンソールをウロウロ。現在はglo smooth fresh、IQOS メンソール
読書:10代の時に3年連続年間100冊読破を達成。学生時代は柳田国男、小松和彦を愛し、現在は川上稔に夢中
ゴルフ:ドライバーはテーラーメイドR11(ドライバーはなんだかんだこいつに戻ってくる。。。)、アイアンはミズノMP-66、ウェッジはフォーティーンとクリーブランドをウロウロ。ベストスコアは大学4年のときに86。いわゆる「エンジョイアベレージ」です。
サバゲー:バックアップ中心。愛銃は東京マルイ89式小銃、タナカワークスSIG P220陸上自衛隊仕様

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

スポンサードリンク