せっかくの休日ですから、楽しみませんか?

まだまだあるぞ!首都圏のJRで改札内に喫煙所がある駅まとめ

東京五輪の開催を控えた日本では、どんどん禁煙に向けた取り組みが加速しています。

それは鉄道にも及んでおり、特に関東ではJR東日本、私鉄各線で車内とホームでは全面禁煙化をするべく日々議論が行われいます。

とはいえ、駅前の喫煙スペースや駅近のコンビニに灰皿があることはまだまだ多いですよね。

その代わり駅の中では喫煙スペースを全く見かけなくなりました。

 

じゃあ一度改札を通ったら目的地に着くまでタバコは我慢しなくちゃならないのか・・・

 

と思いきや、実際のところそうでもないことがわかりました。

探してみると意外と改札内でも喫煙が可能なスポットがあるようなので、今回ご紹介します。

▲画像はイメージです

東京都

東京・・・新幹線ホーム(無料)

秋葉原・・・中央改札と電気街口改札の間にあるフードコート内(無料だが狭い)

池袋・・・BECK’S COFFEE SHOP(9席)、ロッテリアJR池袋駅北口店(20席)

上野・・・BECK’S COFFEE SHOP(11・12番線:17席/13番線:6席)、常磐線特急ホーム

赤羽・・・BECK’S COFFEE SHOP(25席)

大井町・・・BECK’S COFFEE SHOP(22席)

大崎・・・BECK’S COFFEE SHOP(35席)

錦糸町・・・BECK’S COFFEE SHOP(3・4番線:7席)

品川・・・エキナカ(PAULというベーカリーショップのテラス席)、新幹線コンコースに複数、BECK’S COFFEE SHOP(23席)

新木場・・・BECK’S COFFEE SHOP(12席)

新宿・・・BECK’S COFFEE SHOP(中央東口改札:6席)、特急ホーム

田端・・・BECK’S COFFEE SHOP(22席)

中野・・・BECK’S COFFEE SHOP(22席)

府中本町・・・BECK’S COFFEE SHOP(28席)

町田・・・BECK’S COFFEE SHOP(31席)

さすが都内というラインナップ。他にもエキナカや飲食店で喫煙可能なところがあるかもしれませんが、とりあえず上記の場所はOK。

秋葉原のフードコートは出入り自由なので喫煙所も無料で立ち入りできますが、休憩がてら中のショップでコーヒーでも頼みながら過ごすのがベターでしょう。もっとも喫煙所は非常に狭く、4~5人で満員になってしまいますのでご注意を。

ちなみに上野の特急ホームは途中で検札があるので特急券がないと入れません。

神奈川県

横浜・・・BECK’S COFFEE SHOP(北改札:32席/中央南改札:28席/南改札:32席)

新横浜・・・新幹線駅構内に2か所の喫煙室あり(無料)

平塚・・・BECK’S COFFEE SHOP(25席)

武蔵小杉・・・BECK’S COFFEE SHOP(16席)

小田原・・・新幹線改札内に喫煙室あり(無料)

横浜駅は広いだけあって3カ所のカフェがあります。

無料で使えるような喫煙室は確認できませんでしたが、武蔵小杉や平塚などの乗り換え駅や始発駅でゆっくりしたいという場合はコーヒーショップ内で一服できそうですね。

埼玉県

浦和・・・BECK’S COFFEE SHOP(12席)

大宮・・・BECK’S COFFEE SHOP(34席)、新幹線改札内喫煙室

川越・・・BECK’S COFFEE SHOP(13席)

さいたま新都心・・・BECK’S COFFEE SHOP(39席)

武蔵浦和・・・BECK’S COFFEE SHOP(Beans Kitchen内:19席)

熊谷・・・新幹線ホーム

本庄早稲田・・・新幹線ホーム

埼玉県は意外と禁煙が徹底されています。八高線の無人駅ならイケるのかな?と思いきや改札内に設置されているところはありませんでした。(もっとも無人駅なので改札の外でならいくらでも吸えますけどね・・・)

在来線の乗換駅を中心にコーヒーショップ内での喫煙が可能です。武蔵浦和はエキナカ施設内にあります。

栃木県

宇都宮・・・新幹線ホーム

那須塩原・・・新幹線ホーム

小山・・・BECK’S COFFEE SHOP(27席)、新幹線ホーム

東北本線(宇都宮線)、両毛線、水戸線の乗換駅となる小山駅ではエキナカにカフェショップがあります。時間帯によっては乗り換えに待ち時間が発生しますので時間をつぶすのには最適でしょう。席にはコンセントがあるのでスマホを充電したりパソコンを使うことも可能です。

▲小山駅のコンコースにあるカフェ。

群馬県

高崎・・・BECK’S COFFEE SHOP(新幹線改札内:20席)、新幹線ホーム

群馬県内の在来線で改札内での喫煙が可能な場所は無いようです。

新幹線の安中榛名駅、上毛高原駅はいずれも喫煙所は改札外です。

ちなみに上越線で水上駅より北に行くとホーム上に喫煙スペースが確保されている駅もあります。(越後湯沢駅など)

茨城県

土浦・・・ホーム上野よりに喫煙室あり(無料)

水戸・・・BECK’S COFFEE SHOP(17席)特急ホーム

勝田・・・特急ホーム

日立・・・特急ホーム

土浦駅はホームに換気扇付きの喫煙スペースがある首都圏のJRではとても珍しい駅です。

千葉県

なんと、千葉県には未だに駅ホームに喫煙スペースがある区間が多く残されています。

成田線:久住~松岸間

総武本線:南酒々井~松岸間

東金線:成東~福俵間

外房線:八積~安房天津間

内房線:青堀~太海間

ただし、ターミナルとなる銚子駅と安房鴨川駅は探しても構内に喫煙所がなかったので、たぶんありません。

その他には

船橋・・・BECK’S COFFEE SHOP(13席)

蘇我・・・BECK’S COFFEE SHOP(19席)

都賀・・・BECK’S COFFEE SHOP(16席)

南船橋・・・BECK’S COFFEE SHOP(17席)

があります。

まさに昭和旅情を今に残す千葉南部の鉄道網ですねぇ。

終点に近づくと車掌さんが「車内マナーへのご協力ありがとうございます」という独特の放送をします。

これが千葉の民度を物語っているとも言えますね……。

▲こういう感じのが普通にホームにあります。

活用法

こうしたスポットの活用方法は「タバコを吸うためにいちいち改札の外にでなくても良い」というところにあります。

改札の外に出てしまうと再入場しなければならず、余分なお金がかかりますからね。(禁煙区間が設定されている大都市近郊区間内は途中下車が認められていないので、一度改札から出たら必ずもう一度きっぷを購入する必要があります。ただし乗り降り自由なフリーきっぷ等を所持している場合は除きます。詳しくはコチラを参照してください。)

もちろん定期券区間内である場合は乗り降り自由ですが、改札を出たり入ったりするのも時間がかかりますからね。

特に乗り換えで長い待ち時間が発生する場合、こうしたスポットは非常に心強いものになります。

あとは「大回り乗車」を楽しんでいる最中にも役立ちますかね。

(大回り乗車:近郊区間内であれば実際の経路に関係なく最短の運賃で計算するという特例を利用して、一筆書きで遠回りをしながらいろいろな路線を楽しむ乗車の方法です)

注意点

今回紹介した喫煙スポットの大半はJR東日本フードビジネスが展開する「BECK’S COFFEE SHOP」というお店になります。

一般的な喫茶店ですのでコーヒーなどを注文しないと喫煙スペースは利用できませんのでご注意ください。

またそれぞれ店舗には営業時間がありますので、当然ながら始発、終電間際は使えません。

それではマナーを守ってよい喫煙ライフを。

参考リンク

禁煙・喫煙について:JR東日本

店舗|ベックスコーヒーショップ

この記事を書いた人

samacon
samacon
こんにちは、samaconです。
主に【旅行・鉄道・料理・デジモノレビュー】中心に記事かいてます。
【生年月日】昭和の終わり
【在住地】田舎(千葉)
【これまで】大学卒業後サラリーマンとして電気屋へ就職。そこそこ楽しかったが休みがなさ過ぎて精神的に脂肪していたところで退職してフリー化。
【趣味嗜好】
・鉄道⇒最終的には全線完乗が目標。
・ギター⇒結婚式の余興レベルならなんとか。
・草野球⇒人足りなかったら喜んで行きます。
・デジモノ収集⇒最近はメルカリで断捨離しまくってます。持ってても仕方ないのでね……。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

スポンサードリンク