せっかくの休日ですから、楽しみませんか?

あの”ローホル”をパスタと合わせてみた!

とある日、テレビで浅草のホッピー通りのモツ煮をおいしそうに食べるリポーターを見かけました。

「あぁ^~俺もモツ煮食いてーなぁ~、でも浅草まで行くのはメンドクサイなぁ~」

と思って近所にモツ煮を食べられるところがないか調べたところ一軒もなくて絶望しかかっていた時に偶然、ローソンに昔からある有名な冷凍食品があることを知りました。

それは「味付元祖ホルモン鍋」という商品です。

数あるコンビニの中でローソンにしか品揃えされていない、知る人ぞ知る冷凍鍋です。

(”ロー”ソンにある”ホル”モン鍋ということで通称“ローホル”と呼ばれているそうです。この記事もそれにならおうと思います)

足立区梅田にある「ナガラ食品」さんが製造元です。

私が行ったローソンでは氷などが収納されている冷凍ケースの隅っこのほうでひっそりと陳列されていました。

今年に入って少し価格が上がってしまい380円(税抜)します。コンビニの冷凍食品の中ではそれなりの値段だなぁという印象です。

 

ホルモンとはもともと関西の呼称だそうで、食肉加工する際に「ほうるもの」、すなわちいらない部分(=食べない部分)というのがもともとの意味なんだとか。それが転じてホルモンになったということです。

関東では「モツ」という呼ばれ方でお酒のつまみやおかずとして親しまれています。

それはさておき、ローホルについて書かれている記事を見ると、ビールのおつまみ・ごはんの友・うどんを入れて煮込む、といったものが多く見受けられます。

見るからに味が濃そうですから、それはそれはお酒やごはんによく合うでしょう。モツの煮込みうどんもお店に行けば食べられるメニューかと思います。

そこで私は「ごはんやうどんに合うならパスタを合わせてもイケるはずや!」という思いつきを実行に移すことを決めました。

濃い味付けの鍋にパスタは合うのか合わないのか?

気になりますねぇ。

 

ローホルパスタを作る

そのままガスコンロへ。

作り方はカンタン。

凍ったままのローホルのビニールを破ってそのままコンロへドン!

弱火で10分煮るだけ。

煮えてくるとおいしそうなニオイが立ち込める。

う~ん、この味噌というかしょうゆというか、調味料の香ばしい香りが食欲をそそります。

煮詰まる前に火からおろしましょう。

濃い目の味付けでうまい!

ニオイに耐えきれず、まずは普通にひとくち。

うん、このビジュアルといい、アルミの鍋といい、昭和のお父さんのおつまみ感がハンパない。

数えてみたらホルモンはだいたい30個くらい入ってます。あとは適度な脂身と申し訳程度のネギが入ってます。

バランスを考えたらざく切りのネギを投入してもうひと煮込みするとさらに美味しくなりそう。面倒だからしないけどw

美味しいんだけど、想像していたよりも辛い!

これ辛いのが苦手な人は食べられないんじゃないかって程度には辛い。

もうちょっとマイルドな味付けかと思ったらかなりパンチが効いているのね。

茹で上がったパスタ。

そうこうしているうちに同時進行でゆでていたパスタが完成したのでさっそく豪快にぶっかけ

 

 

 

ローホルパスタ完成!

ません。

ホルモンを丁寧にパスタに並べて、あとからそっと汁を全体にかけてスープパスタ風に仕上げます。

だって汁がハネるじゃん!

 

実際に食べてみると、普通においしい。

味付けはあくまで和食なのでどうかな?と思いましたが、十分十分。

手軽なお昼ご飯や夜食に作ってもいい感じですね。

ちょっとお下品かもしれませんが、お箸でズルズルとすするとお鍋の汁とパスタが程よく混ざってイイ感じになります。

パスタ、アリですよ!

まとめ

というわけでローホル.featパスタは組み合わせてOKです!

つまり結論としては

ローホルは何と合わせてもイケる!

この記事を書いた人

samacon
samacon
こんにちは、samaconです。
主に【旅行・鉄道・料理・デジモノレビュー】中心に記事かいてます。
【生年月日】昭和の終わり
【在住地】田舎(千葉)
【これまで】大学卒業後サラリーマンとして電気屋へ就職。そこそこ楽しかったが休みがなさ過ぎて精神的に脂肪していたところで退職してフリー化。
【趣味嗜好】
・鉄道⇒最終的には全線完乗が目標。
・ギター⇒結婚式の余興レベルならなんとか。
・草野球⇒人足りなかったら喜んで行きます。
・デジモノ収集⇒最近は断捨離でバンバン売ったり捨てたりしてるけど

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

スポンサードリンク