せっかくの休日ですから、楽しみませんか?

常に楽天市場の上位!パターマット工房のパターマットは凄かった。。。

お世話様です、aokageです。

またしてもゴルフ特集です。ハイ。

先日も気心知れた仲間たちとゴルフに行ってきたわけですが、相変わらずの大叩き。まぁ大叩きでも、自分で納得できるショットがいくつもあって、後続の組に迷惑がかからなければそれでいいのです。という考え方でゴルフというスポーツを楽しんでおりますのでスコアは別に気にしていないのですが。。。

それでも、40パット以上やらかしたのはいただけない。

我々アマチュアゴルファーは、ショートゲームが物をいいます。カップから100ヤード以内がまとまれば100切はおろか90切までは余裕のはず。

先日晴れてゴルフラウンドデビューした編集部pon氏が133というデビュー戦にしてそこそこのスコアで回ってこれたのもグリーン上のパターショットの感覚が良いから。

デビュー戦で1パット上がり2回は堂々としたものです。立派なゴルファー。パターis大事。

ドライバーも、フェアウエイウッドも、アイアンも打ちっぱなしに行けばそこそこ練習はできます。しかしパターまで練習できるゴルフ練習場はそう多くはありません。

打ちっぱなしに行くように気軽にパターが練習したい!そう思って探したパターマットが、、、

パターマット工房のパターマットは凄かった。。。

楽天のランキングでも長いこと上位に君臨し続ける練習用パターマットの雄、パターマット工房さんの練習用マット。。。買ってしまいました。

いやぁ、よくあるパター練習機って、こんなん良く見かけません?↓↓↓

このタイプが決して悪いとは言いません。でも個人的に、「カップそばが急な上り」なんて現実にはあり得ないラインで練習するのには違和感があったんです。

だから今回はパターマット工房さんの平たいタイプを選びました。

ステマか?と勘ぐってしまうほどの絶賛レビューのオンパレードで若干の不安もあったのですが、このマットはスゴイ。本当にスゴイ。

私が買ったのは90cm×300cmの標準の長さで広めのタイプ。6畳の物置と化していたタタミのお部屋があっという間にパター練習場に早変わり。

iPhone撮って出しの画像なので伝わりにくかったらスミマセンなのですが、人工芝の密度がすごい。「日本のゴルフ場のベントグリーンを限りなく再現」のキャッチフレーズは本物です。

初めて敷いてボール打ったときは感動しました。下手っぴエンジョイの私でもわかる。「これはスゴイ」と。

私の父は60歳過ぎてドライバーの飛距離が220Y飛ばないのにバックティーから90以上叩くことはない”ベテラン上級者”なのですが、その父をして「このパターマットは面白い」と太鼓判。

上記の画像は使って2週間ほど経っているので早くも色々踏まれてクセが付き始めていますが、毎日1時間位使って1週間くらい経った頃からより「本物の」グリーンに近く感じるようになります。

充実の付属品

このパターマット1枚でも十分に納得な買い物だと言えますが、簡易練習キットみたいな用品もオマケで付いてきます。

説明書と、実際のカップと同じ径で切ってある的。平らなマットに高低差をつけられるようにと考えられているのか、調整用?切れ端。写真に載せ忘れましたが、ターゲット調整やパターの間隔を覚えるのに使う白丸のシールも付いてました。

あとはキャンペーン中で、有料オプションのこれも無料添付されてました。

なんの変哲もないリング。と言われればそれまでですが、シンプルながらに考えられてますよこのグッズ。

直径は実際のカップより気持ち小さめに作られています。見てわかるとおりこれをめがけてパター練習するための道具なのですが。。。

正面から±1cmかつ、30cmオーバーくらいの力感で打つとうまい具合に打ったボールがこのリングに収まります。カップインの「教科書通り」で打てないと収まらないようになってるんですね。

このパターマット、順目、逆目があります

これだけで終わらないのがこの製品の興味深いところ。このマット「順目」と「逆目」があります。

普段はこんな感じで付属品をうまく使いつつ「逆目」で練習しています。一応順目で9フィート、通常のゴルフ場のグリーンの速さに設計されているようです。

私のホームコースで考えると順目よりも逆目の方が速度近いと思いまして、こっちで練習しています。体感ですけど、逆目だと8~8.5フィートくらいかな?

※写真に載っている的奥に設置しているアプローチ向けのウェッジ用マットは有料オプション品です。パターマットには付属しません。

おうちで気軽に本格的なパター練習。目指せ36パット以内

このマット、すごく軽くて収納もラクラク。パターマット工房さん的には出しっぱなしにして反復練習でマットを均しながら使い込んで欲しいようですが、現実なかなか大きく広いマットを出しっぱなしにするのは難しいものです。

しっかりしたダンボールで配送されてくるので、そのダンボールをそのまま収納ケースとして使えば思ったよりコンパクトに収納できます。

また本物のグリーンで打っているかのごとく、ボールの転がる音がほとんどしません。パターマットの裏地が柔らかい素材できちんと作られていてるからなのかな。これなら集合住宅の人でも下の階やお隣さんに気兼ねなく練習できそう。さすがにショートアプローチのようなボールをバウンドさせるように使うと音が出てしまいますが、パター練習ならほぼ「無音」と言っていい環境で練習できます。

我々アベレージゴルファーが目指すべきは1ラウンドあたり36パット(各ホール2パット以内の計算)は出来すぎでも、コンスタントに40パットは切っていきたいところです。

ラウンド当日朝にコースそばの練習グリーンでその場しのぎの感覚だけで回るのはちょっと心細い。

おうちで気兼ねなく寝る前の30分をパター練習で過ごす。そんな環境づくりがちょっとの投資で作れる。贅沢です。

 

この記事を書いた人

aokage
aokage
初めましての方は初めまして。そうでない方は、いつもお世話になっております。「aokage」と申します。

酒、煙草、読書、サバゲー、ゴルフを愛する最近体重が気になり始めたアラサーです。

勤労学生として学生時代からバリバリ働いておりましたが卒業後ストレスで体調を崩し、しまいには奥歯が全て溶けるという憂き目に遭いながらも、日々を必死に生きてます。メガネボーイオッサン。 

【自己紹介】

最終学歴:日東駒専夜間部
故郷:埼玉県美里郡
スポーツ:学生時代は野球(二塁)とテニス(ベースライン)。現在はゴルフとサバゲー
職歴:学生時代はチェーンのイタリアンレストランで副店長、家電量販店、カラオケ用モニター営業を経て、現在は広告代理店のしたっぱフリーランス

【趣味嗜好】

お酒:マッカラン、シーバスリーガル、イチローズモルト
煙草:CAMELナッツメンソールが廃番になってしまってからはキツ目のメンソールをウロウロ。現在はglo smooth fresh、IQOS メンソール
読書:10代の時に3年連続年間100冊読破を達成。学生時代は柳田国男、小松和彦を愛し、現在は川上稔に夢中
ゴルフ:ドライバーはテーラーメイドR11(ドライバーはなんだかんだこいつに戻ってくる。。。)、アイアンはミズノMP-66、ウェッジはフォーティーンとクリーブランドをウロウロ。ベストスコアは大学4年のときに86。いわゆる「エンジョイアベレージ」です。
サバゲー:バックアップ中心。愛銃は東京マルイ89式小銃、タナカワークスSIG P220陸上自衛隊仕様

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイト内検索

スポンサードリンク